===お知らせ===
★対面鑑定・対面レッスンは 9:00~21:00でご予約ください
★電話鑑定および電話・スカイプ講座は 9:00~23:00でご予約ください
★下記講座の受付を再開します
 九星気学講座・現代数秘学講座 2016.11月より開講
 お問い合わせはお気軽にどうぞ!

タイトル画像

2017年の歳徳神【恵方】は北北西です

2017.01.18(06:38) 188

気学では、2月立春(2月4日)から2017年に入ります。
2017年は一白水星中宮の年です。

20170118063256a19.png
  2017年の年盤
※「島川建築計画室」の手帳から拝借しました
南が上、北が下、東が左、西が右になっていますのでご注意ください。

今年の歳徳(としとく)は、北30度の西寄り10度ですね。
壬(みずのえ)の方位です。

歳徳というのは、「恵方」ともいって、その年の大吉方です。
しかし今年は、暗剣殺になってますので、引越しや大きな旅行には使えません。

「恵方参り」はOKです。
立春あたりに自宅から750m以上離れた、この歳徳方位にある神社や仏閣へお参りに行き、
大きなエネルギーをいただいてきましょう!

昔は「歳徳神(としとくじん)」が正月が近づくと山などから里村に降りてきて、福をもたらせてくれると信じられていました。

PhotoGrid_1484690513372.png
歳徳神

諸説ありますが・・・

歳徳神は八将神の母で、美しく慈悲深い神様です。

その地方が定めているお正月の期間(4日~1週間)を家で過ごし、その後、山に帰っていくと言われていました。

そのため、年棚(としだな)などの祭壇をしつらえ
鏡餅やお神酒等のお供物を供えて、歳徳神を祭ったそうです。

この年棚は神棚のように固定されるのではなく、
年毎に恵方の方位に向けて吊られたそうです。

「恵方置き」がこれにあたりますね。

今年は、家の中心からみて、歳徳方位である「北30度の西寄り10度」の壬の方位と反対側の「南30度の東寄り10度」丙(ひのえ)の方位に、歳徳(恵方)に向けてお供えしましょう。

置くものは、お参りした時に戴いたお札や破魔矢、
また今年の恵方には、六白金星が廻座しますので、
六白金星のものを置いてもいいですね。
例えば、プラチナやシルバー、ゴールドの貴金属や時計・いなりずし・のり巻き等はいかがでしょうか。

1年間、恵みのエネルギーが流れますように☆


九星気学ベーシック講座はこちらです
九星気学アドバンス講座はこちらです
関連記事


女神たちの開運


トラックバック

トラックバック URL
http://gloriouslife33.blog.fc2.com/tb.php/188-50a590a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)