===お知らせ===
★対面鑑定・対面レッスンは 9:00~21:00でご予約ください
★電話鑑定および電話・スカイプ講座は 9:00~23:00でご予約ください
★下記講座の受付を再開します
 九星気学講座・現代数秘学講座 2016.11月より開講
 お問い合わせはお気軽にどうぞ!

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女神たちの開運


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

納音(なっちん)

2013.09.08(06:43) 105

2013.9.8

きのうの九星気学アドバンス講座「納音」(なっちん)をやりました。
納音とは四柱推命の一部です。

納音について、簡単に説明させていただきます。

まず、年、月、日はすべて十干十二支で表すことができます。

十干は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
十二支は、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
です。

例えば、2013年9月8日を表すとしたら、

年…癸巳(みずのと・み)
月…辛酉(かのと・とり)
日…丙丑(ひのえ・うし)

となります。

十干と十二支、一つ一つに五行(木性・火性・土性・金性・水性)がありますが
干と支が組み合わさることで、その五行に変化が生じてきます。
つまり、動くことで音が生じるとも言えます。
「納音」の音とは、干と支が組み合わさって生じるハーモニーのことなのです。
納音には30種類あります。

講座では生まれた年の納音をみていきましたが、
生まれた日の納音が、一番その人の気質や能力、運勢傾向を表すといいます。

それを知ることにより、あらかじめ自分の職業や自分の生かし方、
心の持ち様や行動のおこし方を知ることができて、面白いです。
子供の育て方の参考にもなります。

その30種類の納音…だれがそんなふうに名付けたのでしょうか、
見事にその特徴を表しています!!
「気」が音になっているといってもいいでしょう。

30種類の納音
海中金 (かいちゅうきん) 爐中火 (ろちゅうか)   大林木 (たいりんぼく)
路傍土 (ろぼうど)    釼鋒金 (じんぼうきん)  山頭火 (さんとうか)
澗下水 (かんげすい)   城頭土 (じょうとうど)  白鑞金 (はくろうきん)
楊柳木 (ようりゅうぼく) 井泉水 (せいせんすい)  屋上土 (おくじょうど)
霹靂火 (へきれきか)   松柏木 (しょうはくぼく) 長流水 (ちょうりゅうすい)
沙中金 (さちゅうきん)   山下火 (さんげか)  平地木 (へいちぼく)
壁上土 (へきじょうど)  金箔金 (きんぱくきん)  覆燈火 (ふくとうか)
天河水 (てんがすい)   大駅土 (たいえきど)    釵釧金 (さいせんきん)
桑柘木 (そうたくぼく)  大溪水 (だいけいすい)   沙中土 (さちゅうど)
天上火 (てんじょうか)  柘榴木 (たくりゅうぼく)  大海水 (たいかいすい)


例えば
海中金(かいちゅうきん)」
海の中の砂金です。
「金」ですので、本来はとても輝いていて貴重です
しかし海の中から探すのはかなり大変ですよね
金塊と違ってなかなか目立たず、その才能が一生埋もれてしまうこともあるかもしれません。
世間で通用し、認められるようにしたいものです!
この納音の人達は、縁というものが大事になってくるのです。

講座ではそれぞれの気学的開運方法もみていきます。

きのうの講座では、
「十干と十二支」ということに関連して、
「動物占い」も取り上げました。

実は動物占いも、四柱推命からきているもので、
十干と十二支の組み合わせによるものなのです。
動物占い…面白いほど、当たっていますよね。

*************************

講座の内容についてはこちらです

講座のお問い合わせはこちらです。お気軽にお問い合わせください。

関連記事


女神たちの開運


トラックバック

トラックバック URL
http://gloriouslife33.blog.fc2.com/tb.php/105-ede17c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。