===お知らせ===
★対面鑑定・対面レッスンは 9:00~21:00でご予約ください
★電話鑑定および電話・スカイプ講座は 9:00~23:00でご予約ください
★下記講座の受付を再開します
 九星気学講座・現代数秘学講座 2016.11月より開講
 お問い合わせはお気軽にどうぞ!

タイトル画像

知る人ぞ知る 奇門遁甲

2014.07.05(01:11) 127

2014.3.5

「奇門遁甲(きもんとんこう)」という古代の中国占術があります。
簡単に言いますと、中国占術の一つで元々は兵法に使われていたようで、
「三国志」で有名な諸葛孔明も使っていた方位術です。

吉門や吉神、吉格が回ったときに、自宅から出発して吉方を取ることによって、
具体的な願望に大きな効果を得ることができるというので、
知る人ぞ知る、人気の占術なのです。

それと余談ですが、奇門遁甲では方位だけではなく実に様々なことが診られるんです。


◆紛失物の居所
◆恋愛の状況(彼との状況)をみる
◆病気の状態や薬や医者との相性
◆恋愛運を上げる吉方
等々

占い師にとって、こんなにおいしい占術はなかなかありません(笑)!!


話を戻します。
方位術としての奇門遁甲のありがたいところは、万人、吉方位が同じということです。
家族全員で、引っ越し・旅行等が吉方でできるのです。

そして方位にどんな効果があるかというと、例えば

・恋愛・結婚に効く方位
・人間関係円満方位
・金運UP方位
・出世や仕事に効く方位
・試験に効く方位
・妊娠に効く方位
・相手を言い負かす方位
・エネルギー充足方位 など


ヽ(^。^)ノヽ(^。^)ノ

奇門遁甲では、年盤・月盤・日盤・時盤があるのですが、
どの盤を使うかは、移動の距離や時間で決まります。
引越し、旅行などは、「月盤」や「日盤」を使います。
毎日の近所の散歩やちょっとした買い物のように近距離・短時間には、「時盤」を使用します。
「時盤」は、「月盤」「日盤」に比べれば効果は高くはないかもしれませんが、
少しずつ運がUPしていくのを感じることができます
気学を学ばれている方は、気学とはどう違うのか?という疑問があると思います。
気学はゆっくりと効果が出てくるのに対し、奇門遁甲は早く出てきます。
また、これは私の主観ですが、気学は人生そのものを変えていくもの、奇門遁甲はその時その時の目的を達成させる助けとなってくれる術である、と感じてます。

「日盤」を使った開運旅行は頻繁には行けないですが、「時盤」による開運散歩は日常簡単にできるので私も実践してます。
歩く

開運散歩は 吉方のある時間帯に家を出て、吉方位に向かい、500~1000mのところで5分~10分留まり、その後帰宅もしく他に移動すればよいのです。
ジョギングでも電車でも車でも構いません。
朝、吉方位を取った後、そのままお仕事に向かうということもできる距離です。
毎日30分以内ですみ、効果が感じられているので、腰が重い私も続けられてます


私の気学講座を受講してくださった方や、
お客様にも 試していただきました。
効果は様々でしたが、 概ね好感触でした。
人によって時期も吉の出方も違うようです。1年くらいたってから出始めることもあるようです。

いろいろな不安や問題を抱えていたお客様にこの開運散歩をお勧めしたところ、
2か月程毎日吉方をとられ、運気UPも感じられるようになってきました。
そして、「未来に希望が持てるようになり、気持ちが明るくなった。」とおっしゃっておりました。
嬉しいです
運が低迷している時って、
何かを始めることもできないし、
旅行や引っ越し、仮吉方もできません。
人と会うことさえもシンドイんです。
でも、ほんのちょっとのアクションで、
運気upを感じることができたら
やる気も出てくるし、自然に顔も明るくなります。
そこからがスタートです

楽しみながら運気UP
幸せ貯金をしていきましょう。

今後、この 「奇門遁甲★開運散歩」の自宅からの吉方表をお作りするサービス(1か月分)をはじめ、
下記の奇門遁甲による開運メニューを加えることにいたしました。

奇門遁甲の開運プチ旅行

 日帰り旅行、1~2泊の小旅行で運気UP
 旅行の吉方位を出します。

勝負日・ここぞという日には奇門遁甲
 大事なデート・見合い・受験・買い物・交渉事の前に自宅から吉方位を取る方法です。


女神たちの開運


タイトル画像

仮吉方を終えて

2014.07.02(14:42) 150

2014.7.2

自宅から約7キロ離れたところで寝泊まりして75日・・・4月13日から始まった仮吉方が先月末で無事終わり、自宅に戻ってきました。

75日間はどうだったかといいますと・・・・

夫と小6の息子のいる自宅へ食事作りや掃除洗濯のため2~3日に1回程度帰り、息子は週末泊まりに来るという生活。

義兄に先立たれ子供たちも独立し、一人暮らし(あ、犬一匹がいます)をする姉のマンションに間借りしましたので、30年ぶりの姉妹の同居生活・・・ゆっくり語り合うことができました。

姉が忙しいときには、犬の散歩を代行。
そのせいかな、体重が3kg減りました!(^^)!
このワンちゃんです
NCM_0417[1]


仮吉方先が六本木ヒルズに近い「麻布十番」という場所柄、友人との飲食の機会が多かった~
そして、素敵なブティックも多くて購買意欲が増しました!

それもそのはず、仮吉方を出たのが北東の「七赤金星」方位。
七赤金星といえば、飲食・社交・贅沢。
散財の覚悟はしておりました。
今ツケがきてます(;_:)

ここまでだと「お気楽で楽しい仮吉方生活」に思われそうですが、そればかりではないので次にご報告いたします。

この仮吉方は南西の吉方で家に戻ります。
南西には、今年の一白水星が廻座しています。
一白金星は、不思議な星なんです。吉で取っても最初はまず一白水星の凶から始まるんですね。
すでに仮吉方始まったときから、いえ正確には仮吉方を取るちょっと前から、この現象が顕れました。
「膀胱炎」「アレルギー鼻炎」「血行不良による頭痛」に1か月程悩まされました。
しかし、一白水星がこんなもんで済まされるとは思っていません。
一白水星には 「苦労・陥入・困窮」 という意味もあるので、今後半年くらいは覚悟しなければ

ところで、以前にも書きましたが、私の今回の仮吉方の吉である南西の「一白水星」は後天定位が二黒土星です。
わたしは、この二黒土星がどうしても取りたくて今年仮吉方をしました。
あらためて今後の人生の基盤(仕事・家庭・健康等)を作りたいと思っています。
生活も仕事も、新たな気持ちでやっていこうと思っています。
自分の心を見つめ、今後のことを考えることができた75日間でした。

きょうの午前中のご相談者Hさん(男性)に申し上げたことは、自分に向けての言葉でもあります。
「人生の旭日を見るためには、その前に陰の努力や修業があってこそ。逃げていたら開運はない。そのためにはまず覚悟を決めることなんだよ。」
(自分の言葉で反芻してくださったHさん、大丈夫、2年後きっと今の経験が全て血となり肉となりますよ!)

わたしも自分の生き方を見つめ、覚悟を決めることができた仮吉方でした。


仮吉方中、対面鑑定、気学講座、数秘講座は通常通り行うことができましたが、電話鑑定の待機はほとんど出来ず、クライアント様にはご迷惑をおかけしました。
またブログも更新せず、反省しきりです。
性格はゆるゆるの私ですが、占術というツールを使って開運していただきたいという気持ちは誰よりも強く持っています。
新しいメニューも加えて、今年後半は突っ走っていきたいと思っています。
たくさんの方々とお目にかかれますように☆


女神たちの開運


2014年07月
  1. 知る人ぞ知る 奇門遁甲(07/05)
  2. 仮吉方を終えて(07/02)