===お知らせ===
★対面鑑定・対面レッスンは 9:00~21:00でご予約ください
★電話鑑定および電話・スカイプ講座は 9:00~23:00でご予約ください
★下記講座の受付を再開します
 九星気学講座・現代数秘学講座 2016.11月より開講
 お問い合わせはお気軽にどうぞ!

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女神たちの開運


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

きょうの数秘「2」 エルガー

2012.07.26(07:00) 47

2012.7.26

きょうは、数秘でみるとユニバーサル・デイ・ナンバーは「2」です。
この世界にどんなエネルギーが流れるのかをみるナンバーです。

*************************

ユニバーサル・デイ・ナンバーの出し方は簡単です。
きょうは、2012年7月26日
この数字をバラバラにして全部足していくだけ。
2+0+1+2+7+2+6=20 

この20も一つずつ足して一桁にします。
2+0=2
これが今日のユニバーサル・デイ・ナンバーです。

*************************


数秘「2」は、受け入れる、人に対する気遣い、心配りといった優しいエネルギーです。2は人間関係という意味もあります。
人に対して「何かをしてあげる」だけではなく、そっとしておいてあげたり、知らないふりをしてあげることが優しさだったりすることもありますね。
そして、ここぞというときに、さりげない手助けをしてあげられる女性になりたいものです。
私が近年、難しいと思う人間関係は、親子関係です。深~い愛情から息子にはついつい口出しし過ぎてしまいます
母になってみて「待つことも愛」の大切さを感じています。


きょうの数秘「2」を音楽で感じるならば、
ライフパス2であるエドワード・エルガー(1857.6.2生)の「愛のあいさつ」がおすすめです(独断と偏見で!)

ライフパスとは、誕生数とも呼ばれその人の素質や人生におけるテーマを表す重要な数字です。
ライフパスの出し方は、年・月・日の数を足し、二桁になったらさらにバラバラにして、一桁にしていくだけ。
1857年⇒  1+8+5+7=21   2+1=
3
6
2

ピンクの数を足します。
3+6+2=11 
更にバラバラにして足します
1+1=2

2の直前に、マスターナンバー11が出てきますね
私の好きな作曲家はこのマスターナンバーを持っていることが多いです。例えば、モーツアルト・ヴィヴァルディ等。マスターナンバーについては後日あらためて書いてみようと思っています。

ヴァイオリンは奥村愛さんです



この曲を聴くと、優しく穏やかな気持ちになります。


きょうは、相手を受け入れる、話を聞く、ということを意識して過ごしてみてください。
数秘2のエネルギー注入して、一日を始めます!
皆さまも、素敵な一日を




スポンサーサイト

女神たちの開運


タイトル画像

土用って?

2012.07.23(13:47) 46

2012.7.23

只今、土用期間(7/19~8/7)です。

土用といえば、思いだすのは「土用丑の日のうなぎでしょうか。
どうして丑の日にうなぎを食べるのか???
この土用の時期というのは、季節の変わり目で夏バテしやすい時期でもあるので、
栄養価の高いうなぎを食べて精を付けようという、
幕末に、鰻屋が夏に鰻を売るために考えた宣伝文句だという話を聞いたことがあります。

実はこの土用というのは、季節の変わり目の期間で、年に4回あります。

立春(2月4日頃)

立夏(5月5日頃)

立秋(8月7日頃)

立冬(11月7日頃)


この日の前18日間が土用です。


中国の陰陽五行思想からみると、

春は木の気

夏は火の気

秋は金の気

冬は水の気

です。


そして、それぞれの季節の間に土の気が働くのですが、それが土用期間となります。


7月19日からの土用は、
夏から秋の変わり目の土用です。

土用の時期は、陽から陰へと天体の気が変わっていく時です。
陰と陽の気が渦巻いているのですね。

そのため、体を壊したり、イライラしがちのときです。
無理は禁物です。早めの就寝を心がけてくださいね。
この時期、特に土用殺の方角(西南)へ旅行に行ったら
熱や下痢等体調を崩したり、トラブルに巻き込まれる可能性が高いので要注意!
どうしても行かなければならないときは、常備薬を持っていってくださいませ。
自己主張や自分中心の言動をしないようにすることで、トラブルを回避するよう心掛けてください。

天体の気が変わる土用の時期には、土を掘り起こしたりするのは止めたほうがいいです。、
園芸作業は控え、新築工事等で土を動かす作業(基礎工事や土台工事・解体工事等)は、土用期間が終わってからにしましょう。

「引っ越しは大丈夫ですか?」とよく聞かれるのですが、
引っ越しは大丈夫です

ちなみに、土用丑の日は、7月27日です!
今年はうなぎは高いですね~~
家族3人で1串買ってきて、うなぎまぶしにします!

女神たちの開運


タイトル画像

今と昔の婚期

2012.07.12(09:23) 45

2012.7.12

気学傾斜法の本をみていて
婚期の分け方に首を傾げてしまいました。

早婚型が23歳くらいまで
中婚型が20代中ごろ
晩婚型が29歳くらいまで

となってます。

晩婚型が29歳くらいまでぇ???
この本古いのかな?と思ったけど、それほどでもありませんでした。
書いている先生がご年配の方なので、こういう年齢設定になるのでしょうね。
今の感覚だと、20代中ごろ~30歳前後までが中婚型で、
晩婚型はそれ以降じゃないかな~。

昔の時代と今の時代では、一般的な考え方や価値観が違ってきていることが多々あるので、
時代背景を考えて占術の本を読まないと、大ずれになってしまうことがよくあります。

ところで、「婚期の見方」のことですが、
個人的には生年月日まででしかみない占術で婚期をみるのは大雑把で無理があると思ってます。
もちろん、当たっている人はいるだろうけれど、それは当たる確率として当然のこと。

もし、生まれた時間がわかる方なら、紫微斗数 (しびとすう)をお勧めしています。
紫微斗数は、例えば同じ日に生まれた人でも、2時間ごとで違う命盤になるので、全く違う結果になります。
色っぽい星(桃花の星と言って一つではありません)が入っている時期が婚期となります。
異性に出会うチャンスが多く、結婚に繋がりやすい時期です。
婚期なんだけれども、即結婚するかというと今の時代は人それぞれです。
同棲になってしまうこともあるし、結婚できない相手だったり。
紫微斗数では同棲も結婚とみなします。

元彼のことを引きづっていたり、男性に対してトラウマがあったり…があると、
いくら占術で「婚期」であっても、出会いも結婚も逃がします。
それらの呪縛が取れたとき、占術でいうところの婚期が有効に働き始めてくると感じます。
桃花の星が入っている時期は、流行に敏感になって、おしゃれして、外交的になって欲しいです


紫微斗数では、どんな男性と結婚するのか、どんな夫婦生活になりやすいのか、結婚相手は自分に何をもたらしてくれるのか等もみることができます。

紫微斗数に関して記述していますこちらへ

女神たちの開運


タイトル画像

新字体か旧字体か

2012.07.08(01:16) 43

2012.7.8

姓名判断は、流派によって新字体か旧字体かによって、吉凶がまったく異なってしまうので、一体何を信じていいのやら…ですね。
不安になって、インターネットでいろいろ調べたりしている方もいるかと思います。
(画数は姓名鑑定においては1割くらいの重要度なので画数のみで良い悪いは判断しませんが、ここではわかりやすく画数のことで書かせていただきます)

こういう私も、息子の名前がそうです!
(生まれた時には、姓名鑑定の勉強はしていませんでした)

旧字体では吉なのですが、自分が勉強した姓名鑑定では、さんずい・りっしんべんに関しては3画で数えるので、そうなると大凶になってしまいます。
苦難の連続という数字です。
じゃあ、どちらが本当なのか?それは、どちらも有りってことなのです。
流派によって画数が異なる字は不安定だから使わないほうがいいよと、先輩の占い師から教えられたことがあります。
つまり、良い場合もあるし、悪い場合もある、と。

私も普通の親ですので、自分の息子の名前が「大凶」だと知った時には、天国から地獄でした
頭抱えましたー。

でも、結構楽観的でありまして^^; じきに下記のように考えました。

そのことにフォーカスしてしまうと、潜在意識の中に「悪い名前」というのがインプットされてしまうことが一番恐ろしいことです。そして何かあれば、名前が悪いんじゃないかと思う…親がそんなふうに思ってしまうことは避けなければいけません。
息子の名前が好きだったのに、突然忌み嫌う名前になってしまうなんて悲しいことです。
日々成長していく中で、困難や苦難は誰しもが経験すること。
若いときの苦労はいいじゃないですか!
そして、いずれ時期が来て、どうしても自分を変えたいと願うならば、
手段の一つとして改名(選名)があるよ、とアドバイスすればよいかと思ってます。

本題に戻りますが、流派による違いを調べても意味がありません。
それぞれの流派が統計をとって、自信を持って鑑定しているはずですので。
要は今自分がどうなのかということです。
流派によって悪いと出ていても、自分が幸せであると感じるのならば、それは「吉」の名前です。
自分の名前が悪いのではないかと自分が感じるのであれば、思いきって改名(選名)しましょう。
改名をそんなに重く考えないことです。
自分をプロデュースしてやるぞという感覚でいてほしいです。

今の時代、特に仕事では、戸籍上の名前を使わず、自分に相応しい名前をつけるって人も多くなってます。
勇気を出して、まず名刺を作ってしまうのです!
そのうちに、当たり前のものとして、その名前が馴染んできますよ。

女神たちの開運


タイトル画像

姓名鑑定の奥義

2012.07.05(08:11) 41

姓名鑑定・姓名判断にはいろいろな流派があり、迷いますよね。

気をつけなくてはならないのが、インターネットなど無料で行っているものです。
画数のみの判断ですね。
プロの鑑定師でも画数を重要視して判断をしていらっしゃる方がおりますが、
これは本来の姓名鑑定ではありません。
なぜなら、画数の占める割合はほんの10%程度だからです。

わたしが行っている姓名鑑定は、単純なものではく、

字義字形・陰陽・五行・天地の配合・画数

多角的に見て判断していきます。これが奥義とも言われているところです。

努力しているのに何故か運が悪いとか、いつも多くの困難が待ち受けていると感じるならば、
名前を変えてみる(改名)と、吉のエネルギーが流れるようになり、思ったように進みやすく夢の実現力が増してきます。
芸能人やスポーツ選手でも、名前を変えた途端に活躍するようになったというのはよくありますね!
努力をしているし、才能もあるのに、現実的な成果や結果が伴わないというのは、本当にもったいないことです。
自分ではどうすることもできないと感じるのならば、まずは姓名の形を整えてみてください。
姓名は生命(いのち)であり、声明(自分は~こういうものであると宣言する)であると言われるように
名前は自分を表しますので、生きていく上でとても重要な部分なのです。

名前は変えられないと思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、日常使われる名前を変えるだけでいいのです。

ただし、気学は天体学なので「外れ」はありませんが、姓名鑑定は「占い」です。当たるのは8割程度の方です。
名前が凶でも生き方や心構えによって、人生を切り開いていく人もいます。
逆に言えば、吉名であっても、自分の心のあり方と行動が正しくなければ吉は働かないということもあるのです。



女神たちの開運


タイトル画像

二黒は基盤

2012.07.04(11:30) 40

2012.7.4

二黒には、という意味があります。
母なる大地とも言われますが、母と言えば「養育」です。
二黒を吉方で使うと育てる力が出てくるのです。
母だけでなく、経営者様にも是非使ってほしい方位ですね。
子ども・従業員・後継者をしっかり育てる力がついてくるのです。

そして二黒の吉方は、全ての「基盤」をもたらしてくれます。

・家族の安定
・健康の安定(特に内臓・婦人科)
・資産を育てる
・技術を育てる 
・従順になる 等

これは欲しいですね

二黒吉方は、娘さんには絶対に取っていただきたい。
最高の奥さんになりますよ☆

努力が出来ないお子さん、仕事の意欲のない方にとっても、
意欲UP効果のある方位です。

積み上げていく努力をする子になってほしい! 親の願いですね。
登校拒否、引きこもり、ニート問題には一番の方位です。

凶方で取ったらいけませんよ!!
家族・健康・財がなくなってしまいます。



女神たちの開運


タイトル画像

陽遁から陰遁へ

2012.07.02(00:00) 39

2012.7.2

今日は日盤切替の日です。
1年で昼の長さがもっとも長い「夏至」は6/21でしたが、日の九星(日盤)は、夏至にもっとも近い甲子(きのえね)の日から切り替わります。
日の九星の回り方が、今までと逆になります。
今日からは陰遁(いんとん)といって、「九紫火星」→「八白土星」→「七赤金星」→「六白金星」→「五黄土星」→「四緑木星」→「三碧木星」→「二黒土星」→「一白水星」→「九紫火星」と星が減じていきます。
きのうは「九紫火星」の日だったのですが、きょうも「九紫火星」の日となってます。
日盤切替は年に2回あります。
次の日盤切替は、冬至から最も近い甲子の日(12/29)です。その日から陽遁(ようとん)となり、日の九星が「一白水星」→「二黒土星」→「三碧木星」→.......「九紫火星」と陰遁とは逆回りになります。

※年と月の九星は、切替はなく一定して一つずつ星が減じて進んでいきます。



女神たちの開運


2012年07月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. きょうの数秘「2」 エルガー(07/26)
  3. 土用って?(07/23)
  4. 今と昔の婚期(07/12)
  5. 新字体か旧字体か(07/08)
  6. 姓名鑑定の奥義(07/05)
  7. 二黒は基盤(07/04)
  8. 陽遁から陰遁へ(07/02)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。