===お知らせ===
★対面鑑定・対面レッスンは 9:00~21:00でご予約ください
★電話鑑定および電話・スカイプ講座は 9:00~23:00でご予約ください
★下記講座の受付を再開します
 九星気学講座・現代数秘学講座 2016.11月より開講
 お問い合わせはお気軽にどうぞ!

タイトル画像

佐村河内守氏を分析★姓名鑑定&運気

2014.03.08(16:43) 134

2014.3.8

きのうは、耳の聞こえない作曲家として2,3年前から注目されていたクラシック作曲家・佐村河内守氏のゴーストライター問題と全聾(ろう)疑惑に関する謝罪会見が行われていましたね。
「事実は小説より奇なり」とはこのことですね!

昨年NHKで佐村河内氏を取り上げた番組(魂の旋律『交響曲第1番HIROSHIMA』)を見たときに(いろいろな意味で)仰天して以来、気になっていた作曲家でした。
ちょっと胡散臭いけど、「いやいや、NHKが取材しているんだし、障害を疑うなんて失礼なこと。曲も素晴らしいじゃないか!」なんて…心の中で直観を否定していた自分でありました。

気になる佐村河内守氏の姓名鑑定と、運気をみてみましょう。


 名前  佐村河内 守
 画数  7784 6
 陰陽  〇〇 × × × 
 五行  金金木火 金
 


まず、『一文字名前』ですね。
これはどうしても人生が変化に富み一定しない人が多いです。
しかも、苗字が4文字。上が重い→倒れやすいです。

次に陰陽をみると
これは物事を途中までいくと間違いだといって0(ゼロ)にもどって蒔き直すという『蒔き直し』という配列です(@_@;)

また画数では、人格(内と守を足す)が10です。
10は『孤独0数』といって、
充実の後、欠けるおそれあり。すべての努力が徒労に帰して、功を他人に奪われることになる。 という数です(^_^メ)

総画数32は最高貴の意味をもつ数ですが、「一文字名前」「陰陽」が整っていないので、総画数の良い意味は出てきません。
ちなみに総画数32は、「知能才能に恵まれ、一気に成功する。しかし普通の庶民には位負けする名前。晩年さみしく破産者は多い。」です。

こうみていくと、今回のことに納得せざるを得ません

そして運気ですが、
佐村河内守氏の生年月日は1963年9月21日で本命星「一白水星」です。

2014年年盤
これは2014年の年盤です。

四緑中宮の今年、「一白水星」は「二黒土星」の本籍地である南西の宮に入っています。
昨年、北にいて低迷していた一白水星は一見暗いトンネルから抜けたかと思いがちですが、
「一白水星」の本籍地である北には、「九紫火星」が乗っていて、しかも「破壊殺」が付いてます。
九紫火星には、露見する、発覚する、離れる、という意味があります。
そして破壊殺がついているので、文字通り「破壊される年」です。
そのまんまです…。

数秘で佐村河内守氏の昨年の誕生日から今年の誕生日までの個人周期(1年運)をみますと「9」です。
この周期には、仕事やライフスタイル等の変化があり、それが終わったり、何かが離れていったり…、といったことが起こりやすい年なのです。

また彼のライフパスは「4」です。ライフパスはその人が今世で学んでいくテーマを表わします。
この数字を持つ人は、急がず、少しずつ、しっかりとした土台を作り上げ、着実に積み上げていく人生を送ることがテーマです。それを外れたならば、天は「安定」を与えてはくれないでしょう。
また「4」はあるがままでいるという意味もあります。
「4」のエネルギーがマイナスに働いている人は、あるがままでいられず、自分の力のなさを隠したり、虚勢を張ったりするのですね。

松本清張の映画『砂の器』の映像が思い出されます。



女神たちの開運


・この人の姓名鑑定
  1. 佐村河内守氏を分析★姓名鑑定&運気(03/08)