===お知らせ===
★対面鑑定・対面レッスンは 9:00~21:00でご予約ください
★電話鑑定および電話・スカイプ講座は 9:00~23:00でご予約ください
★下記講座の受付を再開します
 九星気学講座・現代数秘学講座 2016.11月より開講
 お問い合わせはお気軽にどうぞ!

タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女神たちの開運


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

月盤の吉方位(天道神)

2017.02.12(16:10) 191

月盤の吉神に、「天道神」があります。

天道神は牛頭天王(ごずてんのう)です。
牛頭天王


この天道方位は万事に大吉で、天の応援があると言われています。

月盤の自分の吉方位にこの天道が付いていたら、
その月、この方位の旅行はお奨めです。
その場合、日盤でもこの方位が自分の吉方にあたる日に出発してください。

2017年2月(寅月)は、南に天道がありますので、
三碧木星が吉方の人は南が大吉です。
(2月は本命星が一白水星・九紫火星の人が、三碧木星方位が吉方になります※月命考慮してません)


1486882176388-317x320.jpg

日盤吉方でも、この天道は効きます。

日盤で自分の吉方位がその月の天道方位にのった日にその方位に行けば8倍の吉、
食べたり飲んだりすると、なんと24倍の吉ですぞ
普段、日盤吉方に行けない人も、
この日に吉方取れば一気に挽回です(~o~)

日盤吉方とは自分の本命の相星(自分の吉方)に750m以上離れたところに行って、吉のエネルギーを取り入れることです。
最低20分以上、できれば1-2時間その場所にいて、飲食をすると良いです

1~2泊の近距離旅行(20~100㎞)でしたら、
月盤が吉方でなくても、
月盤で天道が付いた方位が、日盤で自分の吉方になる日に出発すれば、天道吉方となります。
つまり日盤吉方と同じと考えていただいて大丈夫です。


月盤で天道が五黄殺や破壊殺だとしても
日盤吉方は取ることができます。

ただし、天道方位に、
日盤で暗剣殺や破壊殺が付いている場合は要注意です。
凶方で行ってしまえば、その分凶も大きいですから。


では、そもそも天道というのは何かというと、
月盤における三合吉方の大三合なのです。
(三合吉方については、また別の機会に書こうと思ってます。)

天道は、その月の十二支の4つ目の十二支が天道です。

その月の4つ目の十二支が、太陽のエネルギーが一番が強いのです。

4つ目というのは、
今月は寅月なので、
寅⇒卯⇒辰⇒巳⇒午

寅から数えて4つ目が午ですね。
十二支の午の方位(南)が天道になります。

<各月の天道方位>
2月(寅月)・・・午方位(南)
3月(卯月)・・・未方位(南南西)
4月(辰月)・・・子方位(北)
5月(巳月)・・・酉方位(西)
6月(午月)・・・戌方位(西北西)
7月(未月)・・・卯方位(東)
8月(申月)・・・子方位(北)
9月(酉月)・・・丑方位(北北東)
10月(戌月)・・・午方位(南)
11月(亥月)・・・卯方位(東)
12月(子月)・・・辰方位(東南東)
1月(丑月)・・・酉方位(西)

あれ?
その月の十二支の4つ目の十二支が天道方位と書きましたが、
1月4月7月10月は違うじゃない!!
すみません、この月は例外です。

1月4月7月10月は土用の月で、
土用月は、物を腐らせる働きが強いので、太陽を嫌います。
というわけで、さらにその4つ目の十二支に譲ります。

例えば、1月は丑月。

4つ目の十二支は、
丑⇒寅⇒卯⇒辰⇒巳  
巳なのですが、

さらに4つ先の
巳⇒午⇒未⇒申⇒酉
酉が天道となります。



***お知らせ***

気学セミナー
「祐気取りの方法」(全1回)を開催します!

※今回、ご自分の<吉方の出し方>は省きますが、分からない方もご参加いただけます。

【内容】

祐気取りではどの盤(年盤・月盤・日盤)を使うのか
⇒距離や滞在時間によって使用する盤が違います。

様々な祐気取りの方法
⇒自分の願望に合った様々な祐気取りがあります。
⇒場所や方位によって最大限のエネルギーの取り込み方があります。

今年(2017年)の奇門遁甲・金函玉鏡における日盤吉方位とその取り方
⇒今年絶対に取りたい吉方★願望成就の吉方と日をお伝えします!日帰り旅行・一泊旅行で運気UP


2名様以上で開催させていただく予定です。
毎月末で締切り、翌月に開催します。

<日時> 2017年3月・4月・5月の第3水曜日 13時10分~15時30分(2時間20分)

<料金> お一人様 7,000円 (テキスト代込)

<場所> 山手線 五反田・恵比寿・渋谷・原宿近辺のレンタルスペース

※人数が集まらなかったら、ごめんなさい<(_ _)> 翌月になります。

※マンツーマンでも受け付けます。その場合、10,000円(時間によって12,000円)となります。
日時はご相談で決めます。
スカイプ講座も可。

お申込みはこちらです




スポンサーサイト

女神たちの開運


タイトル画像

穴八幡宮 参拝

2017.02.02(10:24) 190

14860002880.jpeg


きのうは、新宿区西早稲田にある『穴八幡宮』へ友人と行ってまいりました。

昨年のお守りを納め、今年も新たにお守りを戴いてきました。
「一陽来復」とあります。



一陽来復とは

陰極まれば陽に変ず

という易の言葉を表します。

マイナスも行きつくところまでいけば、プラスに変じます。
寒かった冬も冬至を境に、暖かい陽の気が増していきます。

陰から陽へ転ずるということで、
これから良いことが増えてくるよ!という有り難いお守りです(^^)

それゆえ、穴八幡宮は冬至から節分の間に、
一陽来復のお守りやお札が頒布されます。

今年は明日までですね
というわけで昨日行ってきたわけです。

お札は恵方置きをします。
先日ブログに書きましたが、恵方に向けて、壁や柱の上部に貼ります。

さらに、穴八幡宮のお札は
貼る日時が決められています。

冬至・大晦日・節分の夜中の0時です。


お参りした後は、
早稲田の地に生まれた時から住んでいる友人に、
早稲田奉仕園を案内してもらいました。


明治時代に建てられたレンガ作りの素敵な建物は、
早稲田奉仕園の「スコットホール」です。

50年前・・・?
友人はこの建物の地下の一室でピアノを習っていたそうです。
トイレが地下の奥のほうにあり
幼かった友人は、トイレに行くのが物凄~く怖かったことを
懐かしそうに話してくれました(~o~)

早稲田奉仕園はキリスト教精神により
様々な語学講座や水彩画・朗読会等のセミナーを開いたり
学生寮を運営しているようです

早稲田奉仕園のサイトはこちらです


※※※気の流れを自分で読み取れるようになる※※※
九星気学ベーシック講座はこちらです
九星気学アドバンス講座はこちらです





女神たちの開運


タイトル画像

2017年の歳徳神【恵方】は北北西です

2017.01.18(06:38) 188

気学では、2月立春(2月4日)から2017年に入ります。
2017年は一白水星中宮の年です。

20170118063256a19.png
  2017年の年盤
※「島川建築計画室」の手帳から拝借しました
南が上、北が下、東が左、西が右になっていますのでご注意ください。

今年の歳徳(としとく)は、北30度の西寄り10度ですね。
壬(みずのえ)の方位です。

歳徳というのは、「恵方」ともいって、その年の大吉方です。
しかし今年は、暗剣殺になってますので、引越しや大きな旅行には使えません。

「恵方参り」はOKです。
立春あたりに自宅から750m以上離れた、この歳徳方位にある神社や仏閣へお参りに行き、
大きなエネルギーをいただいてきましょう!

昔は「歳徳神(としとくじん)」が正月が近づくと山などから里村に降りてきて、福をもたらせてくれると信じられていました。

PhotoGrid_1484690513372.png
歳徳神

諸説ありますが・・・

歳徳神は八将神の母で、美しく慈悲深い神様です。

その地方が定めているお正月の期間(4日~1週間)を家で過ごし、その後、山に帰っていくと言われていました。

そのため、年棚(としだな)などの祭壇をしつらえ
鏡餅やお神酒等のお供物を供えて、歳徳神を祭ったそうです。

この年棚は神棚のように固定されるのではなく、
年毎に恵方の方位に向けて吊られたそうです。

「恵方置き」がこれにあたりますね。

今年は、家の中心からみて、歳徳方位である「北30度の西寄り10度」の壬の方位と反対側の「南30度の東寄り10度」丙(ひのえ)の方位に、歳徳(恵方)に向けてお供えしましょう。

置くものは、お参りした時に戴いたお札や破魔矢、
また今年の恵方には、六白金星が廻座しますので、
六白金星のものを置いてもいいですね。
例えば、プラチナやシルバー、ゴールドの貴金属や時計・いなりずし・のり巻き等はいかがでしょうか。

1年間、恵みのエネルギーが流れますように☆


九星気学ベーシック講座はこちらです
九星気学アドバンス講座はこちらです


女神たちの開運


タイトル画像

吉方に用事がある日はラッキー!

2015.09.21(15:59) 180

2015.9.21

気学の日盤吉方を取っている方ならご存知かもしれませんが、
日盤で凶方位に行く用事がある日は、
まず、その日一番に吉方に行っておけばOKですよね。

それから、吉方位に行く用事がある日は、
わざわざ吉方を取る必要はないですよね。
その日は、もう朝から吉が立っているのです。

そこで、一つ疑問が出てきます。
自宅から吉方へ行く用事があるけど、それは2番目で、
その日最初に行く場所は凶方だとしたらどうなの?
まずは、吉方を取ってからのほうが、いいのか?!

答えはその日は、わざわざ吉方を取る必要はないです。
2番目でも、朝から吉の気が立っているのですね。

きのうの、私の場合もそうでした。
きのう9月20日の日盤は四緑中宮でした。

新宿伊勢丹に行ってほしい、と仕事の連絡が前日に入り、
日盤でみると、新宿伊勢丹がある北は
私の最大吉方である九紫火星 
なんだか得した気分。
朝、最初の用で北東(吉方でも凶方でもない)に寄ってから新宿伊勢丹に向かいました。

用事が終わり、JR新宿駅に向かう途中の道路で、その日はお祭りだからかな。
近所の商店がフリーマーケットのように出店していました。
ちょっとのぞいたところ、
なんと、ロイヤルコペンハーゲンのペアマグカップが新品で1000円で売っていました。
珍しい柄ですが、本物かと。
ちょうど、マグカップを新調しようと思っていたので、すかさずゲット。

なんだかラッキー!!ついてます(^^)
吉方のお陰かな?!
ありがとうございます。



女神たちの開運


タイトル画像

奇門遁甲 様・様です

2015.04.30(05:19) 176

2015.4.30

数か月ぶりの記事です。
元気ですよ~~

昨年、奇門遁甲による吉方日旅行を何回か取っていたのですが、
それが、「仕事運UP」の吉方だったせいか、
占術のお仕事ではないのですが忙しくなってしまい、ブログもおろそかになっておりました。

私がとっているこの奇門遁甲のプチ吉方旅行、おすすめです。
日帰り~2,3泊(自宅から50㎞以上)でOKです。

その場合、日盤というものを使います。
また、時盤で吉方を取ってから出発します。

わたしは今年は金運UP・エネルギーを充電できるような吉方を主に取る予定です。

◆今月のおすすめ
恋愛運・金運UPならば、5月11日北東です。この日は八門・八神も◎、天地盤も「人遁吉格」

奇門遁甲は八方位すべて45°でみます。

運気を底上げしたい方、どうぞ試してみてください。
広げたい!
プチ吉方旅行

1か月の毎日の吉方表をお送りするメニューがございます。
旅行ができる日が決まっていましたら、その日の吉方位をお調べすることもできます。

こちらです。
奇門遁甲のプチ吉方旅行

女神たちの開運


・吉方取りで開運
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 月盤の吉方位(天道神)(02/12)
  3. 穴八幡宮 参拝(02/02)
  4. 2017年の歳徳神【恵方】は北北西です(01/18)
  5. 吉方に用事がある日はラッキー!(09/21)
  6. 奇門遁甲 様・様です(04/30)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。